【アスペルガー症候群って何?】

スポンサードリンク

■「アスペルガー症候群」とは?■

・会話能力があるが、自閉症同様の「社会性の問題〜独特の人付き合い〜」「コミュニケーションの問題」「想像力の創造性の障害」この3つ組を併せもった発達障害のことを言います。
しかし、会話の能力があっても、それをコミュニケーションの方法として使えていません。

・小さい時にその徴候が多くみられ、成長とともに薄れていく。そういった点から、人格障害・精神疾患とは明確に区別されます。

・早期発見・早期療育により、適応を良くすることが出来ます。(特異性は残りますが)

この3つ組の特徴がみられればアスペルガー症候群の診断をとってもらえるので、出来る限り早期に診断してもらいましょう。

◎アスペルガー症候群の原因は、決して親の育て方などが原因ではありません。

アスペルガー症候群の原因は、まだ解明されたわけではありません。それに原因はおそらく一つではないでしょう。
しかし言える事は、親の育て方や愛情不足などが原因でなる発達障害ではありません。
また、医師から正しい診断がなされていないがために、周りからは「わがままでしつけのなっていない子ども」とみられてしまうのです。
アスペルガー症候群の行動特徴の多くは、認知発達の偏りが原因とされています。
認知発達の偏りとは、何らかの脳機能の微妙な障害原因です。
遺伝や、妊娠中や出産時、出生後ごく早期の何らかの理由で脳の特定の部分に障害が生じたのでは、と考えられています。


→ 次へ 「アスペルガー症候群って何?」

TOPへ戻る


Copyright
アスペルガー症候群への理解
All Rights Reserved

AX